2012年8月アーカイブ

スギ薬局の求人

薬剤師に現在求められることは、薬剤師の専門的な部分を活かして安堵できる医療を、患者の方に提供することでして、ここ10年でヤクザイシをとりかこむ環境は多大に変化しています。
クランケの権利に対する意識の高まりや、医療にかかる費用値上げなどの社会的背景の裏側に、医療分業や情報の開示、医療の安全管理などの、ありとあらゆる問題をのり越えて行かねばなりません。
また、それにともなって薬剤師の能力やちしきは上昇しているというと、疑問に感じることも有りますが、医薬の分業で病院内の医療機関より切りはなした保険薬局などの薬剤師は、どうしても医療上の知識や実経験がすくなくなってしまいましたが、本来の診療は患者さんを基準とする、医師やヤクザイシ、そのほかの医療現場のスタッフとのチームワークによるチーム医療のやりかたもっとも大切です。
病院内の薬ざい師は、さいわいにも医院という医療の現場に関わることが出来、日々医師やかんごしなどによる医療職員とおたがいに情報をこうかんしあい、患者さんにとって最良な診療の提供をつとめて行かないといけません。
薬学部を修業した新人薬剤師が現場で力を出すには、薬学の知識と実務経験がないとそく戦力成らず、薬学の知識が足りず、医療現場では常時専門知識と経験をえようとする意気込みや、上達する医療の技術に対してとり残される事がないように、毎日勉強が必要となります。
新卒のきょういくのひとつとして、其々の薬剤師に疾患の問題を与えて、知識水準を上達させて、それをそのほかのスタッフに開示して行く方針を取りながら、薬ざい師の資質の向上をはかっている病院もあって、其の学習の方法も専門書を熟読することも大切なのですが、設問形式にすることにより、其の概念や仕組みを関係付けて幅広い柔軟性の伴った知識を身につける事が出来ます。

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年5月です。

次のアーカイブは2012年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク